小児のむずむず脚症候群と経口鉄剤の効果


 22人の子供(15人の男性と7人の女性)が睡眠障害のために小児科に評価の為に紹介された。RLSの存在はRLSのthe International RLS Study Group consensus基準で評価。フェリチンレベルが 50ng/m以下の場合には, 経口鉄剤治療を開始。14人ではpolysomnography で評価を行い、睡眠中の周期的肢運動指数(periodic limb movement index during sleep:PLMSI)を計算。症状の軽減を両親の記録により行い、フェリチンレベルとPLMSIの関連を調べた。結果:症状発生の年齢の中央値は7.5か月 (0-40か月)。最も顕著な一つの症状は睡眠1-3時間後に叫び、泣き、下肢を蹴ったりたたいたりして覚醒すること。経口鉄サプリメントはフェリチン濃度依存の陽性の臨床効果あり。PLMSIが高いこととフェリチンレベルが低いことには関連がある。まとめ:RLS症状は人生の最初の年から起こるかも知れない。
Acta Paediatr. 2013 Jan 29. doi: 10.1111/apa.12173. [Epub ahead of print]
Early Childhood-onset Restless Legs Syndrome. Symptoms and Effect of Oral Iron Treatment.
Tilma J, Tilma K, Norregaard O, Ostergaard JR.
Department of Pediatrics, Aarhus University Hospital, Aarhus, Denmark.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-02-02 13:30 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line