BMI35までは死亡率が増加しない

 
一般人口を対象にした前向き研究。系統的総説、メタ解析。PubMedにより7034の論文を調べ、そのうち141論文(2.0%)が該当。 EMBASEにより2論文追加。重複を除外すると97の研究が残る。対象者の総数は2.88百万人、270,000人以上の死亡あり。一人がデータを抽出し、独立した3人が審査。結果:正常体重(BMI of 18.5-<25)に対する過体重 (BMI 25-<30), 肥満(BMI of ≥30), 1度の肥満 (BMI of 30-<35), 2度と3度の肥満(BMI of ≥35)のすべての原因による死亡のHRsを計算。過体重のHRsは0.94 (95% CI, 0.91-0.96), 肥満では1.18 (95% CI, 1.12-1.25) (すべての程度の肥満を含める), 1度の肥満では0.95 (95% CI, 0.88-1.01), 2度や3度の肥満では1.29 (95% CI, 1.18-1.41)..身長と体重を実測したよりも自己申告ではHRsが高い傾向。
JAMA. 2013 Jan 2;309(1):71-82. doi: 10.1001/jama.2012.113905.
Association of all-cause mortality with overweight and obesity using standard body mass index categories: a systematic review and meta-analysis.Flegal KM, Kit BK, Orpana H, Graubard BI.
National Center for Health Statistics, Centers for Disease Control and Prevention, 3311 Toledo Rd, Room 4336, Hyattsville, MD 20782, USA.

 JAMAという権威のある雑誌であり、膨大な対象者を用いた前向き研究、系統的総説、メタ解析でBMIが35までは死亡率が増えないという衝撃的な論文です。この論文が正しければ、日本人ではほとんどの人が減量不要になります。
 この論文にはトリックがあります。対象になる論文の多くは欧米の論文です。つまり、白人が大部分であり、アメリカの論文には少数の黒人が含まれているかもしれません。黄色人種を対象にした論文は少数です。
 黄色人種にはBMIが35を超える肥満は希です。黄色人種は肥満に弱いため、高度の肥満になると死んでしまうという説があります。アメリカでも黄色人種には高度の肥満はいませんでした。この論文をそのまま黄色人種に当てはめることはできないと私は考えています。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-02-06 00:08 | その他
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line