妊娠中のむずむず脚症候群


妊娠女性を前向きに各三期および出産後8週で観察。RLS症状や睡眠障害に関するアンケート; the International Restless Legs Syndrome Scale (IRLSS)および the Pittsburgh Sleep Quality Questionnaire (PSQI)を含む標準的な睡眠―覚醒アンケート;周期性肢運動(periodic limb movements:PLM)のactigraphyの記録;およびヘモグロビン、フェリチン、エストロゲンの血液検査。結果: 501人の女性のうち58人(12%)がRLSと診断. RLS女性の37%に家族歴陽性; RLS症状の59%は妊娠の20週以前に報告; 45%は IRLSS >20 であり100%はPSQI >5. 第三期ではRLS罹患の女性でもRLSに罹患していない女性でも20%はヘモグロビンが<11 g/dL。RLS女性でも、RLSではない女性でもヘモグロビン、フェリチン、エストロゲンレベルは同程度。RLS女性ではIRLSS および睡眠中のPLM は分娩後50%以上低下。
Neurology. 2013 Feb 6. [Epub ahead of print]
Characteristics and determinants of restless legs syndrome in pregnancy: A prospective study.
Hübner A, Krafft A, Gadient S, Werth E, Zimmermann R, Bassetti CL.
From the Departments of Neurology (A.H., S.G., E.W., C.L.B.) and Obstetrics and Gynecology (A.K., R.Z.), University Hospital Zurich, Zurich; and Department of Neurology (C.L.B.), University Hospital Bern, Bern, Switzerland.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-02-10 11:12 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line