ホルモン剤 または経口避妊薬を飲んでいる女性ではむずむず脚症候群の有病率は増えない


本研究の目的は複合ホルモン剤 または複合経口避妊薬(combined oral contraception:CHC)を内服している出産可能な年齢の女性におけるRLSの有病率を調べること。人口統計学的データ、避妊薬使用の既往、RLS診断に必要な4つの基準、およびan International RLS study group (IRLSSG) severity scaleをCHC を飲んでいる145人の女性とそれを飲んでいない169人の女性で調べた。中等度から強度のRLSは 20.7%であった。CHC使用とRLSには有意な関連はなかった (p=0.53)。RLSの症状の程度はCHC使用とは有意には関連せず (p=0.2127)。RLS女性はRLSではない女性より有意に重かったp=0.0015). RLSの症状の程度はBMIと弱く相関 (R=0.26, p=0.044). ホルモン置換療法はRLS症状の危険性を増加させなかった。
Acta Obstet Gynecol Scand. 2013 Feb 23. doi: 10.1111/aogs.12120. [Epub ahead of print]
Restless legs syndrome in combined hormonal contraception users.
Kamsheh L, Ambrogi I, Rambally C, Attarian H.
Minnesota Clinics of Neurology, Minneapolis, MN.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-03-04 01:10 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line