線維筋痛症における偽薬効果とノセボ(偽薬による副作用)効果


系統的総説、メタ解析。2012年6月30日までFMS患者において、duloxetine, milnacipran, pregabalin およびsodium oxybateの無作為振り分け、二重盲検、、偽薬対照、パラレルデザインの研究。偽薬効果の大きさは痛みが50%減少する統合した見積もりで評価。Nocebo反応の大きさは偽薬群において副作用により脱落する統合した見積もりにより決定。結果: 18研究 3546人の患者が偽薬投与。痛みが偽薬により50%減少する統合した見積もりは18.6% (95% CI 17.4 to 19.9%). 偽薬群において副作用のために脱落する統合した見積もりは10.9% (95% CI 9.9 to 11.9%).
Clin Exp Rheumatol. 2012 Nov-Dec;30(6 Suppl 74):78-87. Epub 2012 Dec 14.
Placebo and nocebo responses in randomised controlled trials of drugs applying for approval for fibromyalgia syndrome treatment: systematic review and meta-analysis.
Häuser W, Sarzi-Puttini P, Tölle TR, Wolfe F.
Department of Internal Medicine I, Klinikum Saarbrücken, Saarbrücken, Germany.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-03-04 01:23 | FMの薬物治療総論
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line