線維筋痛症におけるSNRIの効果(総説)


2012年12月まで。独立した二人がまとめる。主要な結果:10の研究、合計6038人。5つの研究はduloxetineの偽薬への効果を調べ、5つの研究は milnacipranの偽薬への効果を調べた。3611 人はduloxetine又は milnacipran群であり、2427人は偽薬群。研究は全般的に偏りの危険性は低い。Duloxetineおよびmilnacipranの偽薬に対する鎮痛の増加効果は少ない (standardized mean difference (SMD) -0.23; 95% confidence interval (CI) -0.29 to -0.18; 6.1% 相対的な改善). 偽薬1000人あたり192人は痛みが少なくとも50%軽減しSNRIsでは1000人あたり280人 (Risk ratio (RR) 1.49, 95% CI 1.35 to 1.64; number needed to treat to benefit (NNTB) 11, 95% CI 9 to 15). Duloxetineおよび milnacipranは偽薬に比べ、疲労を 大幅には軽減しない (SMD -0.14; 95% CI -0.19 to -0.08; 2.5% relative improvement; NNTB 17, 95% CI 12 to 29), そして生活の質を大幅には改善しない(SMD -0.20; 95% CI -0.25 to -0.14; 4.6% relative improvement; NNTB 12, 95% CI 9 to 17). duloxetine又はmilnacipranと偽薬には睡眠障害を軽減する有意差はない(SMD -0.07; 95% CI -0.16 to 0.03; 2.5% relative improvement)。偽薬では1000人あたり107人が副作用のため脱落するが、SNRIsでは1000人あたり196人。duloxetineおよび milnacipranの副作用による脱落率は偽薬のそれより有意に高い (RR 1.83, 95% CI 1.53 to 2.18; number needed to treat to harm (NNTH) 11, 95% CI 9 to 13)。深刻な副作用に関して、duloxetine又は milnacipranと偽薬の間には有意差なし(RR 0.78, 95% CI 0.55 to 1.12).
Cochrane Database Syst Rev. 2013 Jan 31;1:CD010292. doi: 10.1002/14651858.CD010292.
Serotonin and noradrenaline reuptake inhibitors (SNRIs) for fibromyalgia syndrome.
Häuser W, Urrútia G, Tort S, Uçeyler N, Walitt B.
Psychosomatic Medicine and Psychotherapy, Technische Universität München, Langerstr. 3, München, Germany, D-81675.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-03-04 01:28 | FMの薬物治療総論
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line