むずむず脚症候群の薬物治療(系統的総説とメタ解析)


2012年6月までの系統的総説とメタ解析。結果: 29の有効なRCTs。強いエビデンスにより、治療前からの平均IRLS symptom scaleの減少が50%で定義した、臨床的に重要な反応を示した患者(International Restless Legs Syndrome [IRLS] responders)の割合は偽薬よりdopamine agonist治療のほうが多い (61% vs 41%) (risk ratio, 1.60 [95% CI, 1.38-1.86]; 7つの研究)。Dopamine agonistsは患者の報告した睡眠スケール点数や生活の質の指標を改善する。強いエビデンスにより、calcium channel alpha-2-delta ligandsは偽薬に比べてIRLS反応者の割合は増加 (61% vs 37%) (risk ratio, 1.66 [95% CI, 1.33-2.09]; 3つの研究). dopamine agonistsに関連した副作用は吐き気、嘔吐、眠気。Alpha-2-delta ligandsの副作用は眠気、不安定性、めまい。まとめ:短期間のRCTsによると、長期間の中等度から強度の症状の患者において, dopamine agonistsおよび calcium channel alpha-2-delta ligandsはRLS症状を軽減し睡眠や生活の質を改善する。副作用や副作用による治療の中断はありふれている。
JAMA Intern Med. 2013 Mar 4:1-10. doi: 10.1001/jamainternmed.2013.3733. [Epub ahead of print]
Pharmacologic Therapy for Primary Restless Legs Syndrome: A Systematic Review and Meta-analysis.
Wilt TJ, Macdonald R, Ouellette J, Khawaja IS, Rutks I, Butler M, Fink HA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-03-09 22:47 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line