乾癬性関節炎には線維筋痛症が多い


the Classification criteria for Psoriatic Arthritisによる乾癬性関節炎(psoriatic arthritis:PsA)患者と健常患者を前向きに登録。London Fibromyalgia Epidemiologic Study Screening Questionnaire (LFESSQ) およびSymptoms Intensity scale (SIs)によりFMSの頻度を調べた. 34人の PsA 患者と44人の対照群。 PsA 患者の年齢の中央値は52 歳であり53.33%は女性. 対照群の中央値は50.5歳であり 59% は女性。LFESSQ に基づくとFMSは PsA患者の53.33%に存在し、対照群では 4.54% ( < 0.001). SIs に基づくとPsA の37.50%はFMSであり、対照群では6.66% ( < 0.001). 乾癬性関節炎患者においてはLFESSQ とSisには有意な関連あり ( = 0.00243)。PsA 患者の76.66%は疲労を訴え、対照群では40.90%, しかし両群の平均疲労点数は同程度(5.03 対5.18). FMSに関連した痛みと疲労は対照群よりPsA 患者に有意に多い。
Arthritis. 2013;2013:762921. doi: 10.1155/2013/762921. Epub 2013 Feb 14.
High frequency of fibromyalgia in patients with psoriatic arthritis: a pilot study.
Magrey MN, Antonelli M, James N, Khan MA.
MetroHealth Medical Center, Case Western Reserve University School of Medicine, 2500 MetroHealth Drive, Cleveland, OH 44109, USA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-03-15 22:58 | FMの疫学
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line