パーキンソン病患者にはむずむず脚症候群が多い


127人のパーキンソン病(PD)患者と同数の非PD患者をRLS diagnostic survey, RLS rating scale およびBrief Pain Inventoryを用いて痛みとRLS様の症状を評価。結果: PD患者の21.3%は RLSであり,対照群の4.7%がRLSであり有意差あり (p<0.005). RLSを合併したPD患者では痛みの頻度が有意に高いが(p<0.005), 対照群ではそうではなかった。しかし, RLSを合併したPD患者とRLSを合併した非PD者との間には平均の痛みの強さの差は有意ではなかった痛みのレベルと程度は各グループのRLSの程度とは有意には関連がなかった。まとめ:PD患者またはRLS患者では、痛みの存在はRLSにより悪化し、PDは痛みを悪化させるかもしれない。
J Neurol Sci. 2013 Mar 4. pii: S0022-510X(13)00058-0. doi: 10.1016/j.jns.2013.01.039. [Epub ahead of print]
Association of pain, Parkinson's disease, and restless legs syndrome.1請求
Rana AQ, Siddiqui I, Mosabbir A, Athar A, Syed O, Jesudasan M, Hafez K.
Parkinson's Clinic of Eastern Toronto and Movement Disorders Centre, 2863 Ellesmere Road, Suite 404, Scarborough, Ontario, Canada M1E 5E9.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-03-15 23:07 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line