幻肢によるむずむず脚症候群


末期腎疾患(end-stage renal disease:ESRD)により左下肢に二次的なRLSが起きた一人の患者。強度のRLS症状が切断後も持続。幻肢のRLS症状の治療にはdopamine receptor agonist の経口剤が有効であり、中枢のドパミン系の機能不全が幻肢-RLSの機序の原因と推測された。 患側の肢の切断後もRLS症状が持続したことは末期腎疾患に関連したRLS 症状の責任部位は脊髄レベルあるいはさらに高位の中枢神経系に存在することを示唆。
Intern Med. 2013;52(7):815-8. Epub 2013 Apr 1.
Persistence of Secondary Restless Legs Syndrome in a Phantom Limb Caused by End-stage Renal Disease.
Nishida S, Hitsumoto A, Namba K, Usui A, Inoue Y.
Yoyogi Sleep Disorder Center, Japan.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-04-06 16:05 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line