複合性局所疼痛症候群へのナルトレキソンの効果


CRPSは neuropathic pain syndromeであり,膠細胞の活性化や中枢神経系の中枢性過敏が起きている。他のCRPS治療と併用して低用量のナルトレキソン(low-dose naltrexone:LDN) (膠細胞の減衰器)で治療した後治療に反応した2人のCRPS患者。LDNの治療後、各々dystonic spasms およびfixed dystoniaを含む目立ったCRPS 症状はこの2人では軽減した。LDNはToll-like Receptor 4 pathwayを中和し 活性化した小神経膠細胞を減寂させると考えられている。通常のCRPSに対する治療薬が難治性のCRPS症状を抑制できない後にLDNが用いられた。
J Neuroimmune Pharmacol. 2013 Apr 2. [Epub ahead of print]
Treatment of Complex Regional Pain Syndrome (CRPS) Using Low Dose Naltrexone (LDN).1請求、論文あり
Chopra P, Cooper MS.
Department of Medicine, Alpert Medical School of Brown University, 102 Smithfield Ave, Pawtucket, RI, 02860, USA,
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-04-06 16:12 | 複合性局所疼痛症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line