化学療法誘発の有痛性末梢性神経障害へのサインバルタの効果


duloxetine1日60 mgの化学療法誘発の有痛性末梢性神経障害への効果を調べた。National Cancer Institute (NCI)が資金を出した8つの無作為振り分け、二重盲検、偽薬対照、クロスオーバー研究で2008年4月から2011年3月まで地域の医療機関と大学病院で治療を受けた25歳以上の231人。2012年6月で経過観察終了。化学療法の薬と合併した痛みの危険性で層をなし患者を無作為にduloxetineその後の偽薬、または偽薬その後のduloxetine群に分けた。副作用のNCI Common Terminology Criteriaによってグレード1またはそれ以上の感覚神経障害であり、paclitaxel, その他のtaxane,または oxaliplatin治療の後に化学療法が誘発した痛みの平均が0-10のスケールで少なくとも 4の患者を対象。方法:第1週の治療は30 mgの duloxetine または偽薬を1カプセル内服し、次の4週間は30 mg のduloxetine または偽薬を1日2カプセルを内服。主要な結果: 主要な仮説はwas that duloxetineは偽薬よりも、化学療法が誘発した末梢性神経障害性疼痛の軽減に効果がある。痛みの強さはBrief Pain Inventory-Short Form の"平均の痛み" の項目(0は無痛であり10は考えうる最大の痛み)で評価。結果:最初の5週間でduloxetineを内服した患者は 平均の痛みの減少の平均は1.06 (95% CI, 0.72-1.40) でありvs偽薬を内服した患者では 0.34 (95% CI, 0.01-0.66) (P = .003;効果の大きさ, 0.513). duloxetineと偽薬の平均痛み点数の差は0.73 (95% CI, 0.26-1.20)。最初にduloxetineを内服した患者の59% vs 最初に偽薬を内服した患者の38%は痛みがいくらかは減少した。
JAMA. 2013 Apr 3;309(13):1359-67. doi: 10.1001/jama.2013.2813.
Effect of duloxetine on pain, function, and quality of life among patients with chemotherapy-induced painful peripheral neuropathy: a randomized clinical trial.Smith EM, Pang H, Cirrincione C, Fleishman S, Paskett ED, Ahles T, Bressler LR, Fadul CE, Knox C, Le-Lindqwister N, Gilman PB, Shapiro CL; Alliance for Clinical Trials in Oncology.
University of Michigan School of Nursing, Room 2151, Ann Arbor, MI 48109, USA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-04-06 16:18 | 抗うつ薬
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line