乳房の形成手術後にSSRIは出血を引き起こしやすい


方法:前向き研究。 2001年1月から2011年12月まで我々の施設で乳房の形成外科手術(乳房増大術, 乳房縮小術、又は乳房固定術)を受けた全患者を調べた。患者はSSRI 使用法により2群に分けた:非使用群と使用群。出血の出来事の主要エンドポイントは治療介入の必要性。患者を手術の種類、BMI、年齢により細分化。記述統計学により群内の出血の出来事の頻度を一覧表にした。ロジスティック回帰によりSSRIs使用に基づいて出血の出来事の危険性を評価. 結果: 研究期間に, 2,285 人が乳房の形成手術を受け, そのうち33人 (1.44 %) は出血を経験していた (手術的なドレナージを必要とする血腫)。使用群の中196人 (8.58 %), 9人(4.59 %)は出血を経験。非使用の2,089人中, 24人 (1.15 %) が出血を経験。SSRIsを使用した患者はSSRIs を使用していない患者に比べて手術を必要とする乳房の血腫の危険性が4.14倍 (OR, 4; 95 % CI, 1.90-9.04)。ロジスティック回帰によると、手術のタイプ、BMI、年齢にかかわらず出血の出来事は出血の出来事はSSRI使用者に多い。まとめ: SSRIs使用は乳房の形成手術後の出血の危険性を4倍にする(1.44から 4.59 %へ). LEVEL OF EVIDENCE III:
Aesthetic Plast Surg. 2013 Apr 10. [Epub ahead of print]
Use of Selective Serotonin Reuptake Inhibitors Antidepressants and Bleeding Risk in Breast Cosmetic Surgery.
Basile FV, Basile AR, Basile VV.
Division of Plastic Surgery, Department of Surgery, Basile Medical Center, Prof Joao Fiusa Avenue, 2300, Ribeirao Preto, SP, 14024-230, Brazil, fibasile@gmail.com

 このほかにもSSRIは出血を引き起こしやすいという報告がたくさんあります。SSRIは三環系抗うつ薬より副作用がすくないという噂には根拠はありません。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-04-11 21:12 | 抗うつ薬
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line