複合性局所疼痛症候群における酸化ストレス


この研究では,脂質過酸化反応(malondialdehyde and F2-isoprostanes) およびDNA 損傷(8-hydroxy-2-deoxyguanosine)のマーカーを9人の短期間のCRPS-1 (中央値3か月)患者(平均年齢50.1 ± 17.1歳)と9人の年齢、性別をマッチさせた健常な volunteers (平均年齢49.3 ± 16.8歳)で評価して酸化ストレスのレベルを比較した。CRPS患者と健常なvolunteers の血漿のmalondialdehyde (5.2 ± 0.9 µmol/L vs. 5.4 ± 0.5 µmol/L) F2-isoprostanes (83.9 ± 18.7 pg/mL vs. 80.5 ± 12.3 pg/mL)および 8-hydroxy-2-deoxyguanosine (92.6 ± 25.5 pmol/L vs. 86.9 ± 19.0 pmol/L)には有意差なし。同様に, 尿では, CRPS患者と健常なvolunteers のF2-isoprostanes (117 ng/mmol, IQR 54.5-124.3 vs. 85 ng/mmol, IQR 55.5-110) および8-hydroxy-2-deoxyguanosine (1.4 ± 0.7 nmol/mmol vs. 1.4 ± 0.5 nmol/mmol)には有意差はない。我々のデータではCRPS患者は健常なvolunteersと比べて酸化ストレスの全身的なマーカーは増加していない。
Oxidative Stress in Complex Regional Pain Syndrome (CRPS): No Systemically Elevated Levels of Malondialdehyde, F2-Isoprostanes and 8OHdG in a Selected Sample of Patients.Fischer SG, Perez RS, Nouta J, Zuurmond WW, Scheffer PG.
Int J Mol Sci. 2013 Apr 10;14(4):7784-94. doi:
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-04-13 21:42 | 複合性局所疼痛症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line