アセトアミノフェンは血圧を上げない


方法: the UK General Practice Research Databaseから acetaminophenを処方された65歳以上であり治療前と治療中に測定したBPがある全高血圧患者のデータを出した。患者を研究中に高血圧治療継続とそうでない群に分けた。acetaminophen 使用中の収縮期血圧(SBP)と拡張期血圧(DBP)の変化 を測定し、傾向をマッチさせたアセトアミノフェンを内服していない患者の血圧の変化と比較した。結果: acetaminophe内服患者は2754 人。acetaminophen治療中には血圧は軽度上昇しその間、高血圧治療は不変[SBPの変化は 1.6 [95% confidence interval (CI) 0.7-2.5]mmHg そしてDBPの変化は 0.5 (95% CI 0.1-1.0)mmHg]]。新たな降圧剤を使用すると血圧は下がる。この血圧の変化にはマッチさせたアセトアミノフェン非内服者と比べて差がなかった [高血圧治療間の群間の差は0.6 (95% CI -0.6 to 1.9) mmHg でありSBPおよび DBPの変化は各々0.5 (-0.1 to 1.1)].まとめ:高血圧治療を受けている大規模の人口におけるacetaminophen治療によっては血圧が上がる事には根拠がない。
J Hypertens. 2013 Apr 12. [Epub ahead of print]
Acetaminophen use and change in blood pressure in a hypertensive population.
Dawson J, Fulton R, McInnes GT, Morton R, Morrison D, Padmanabhan S, Hewitt J, Meredith P, Muir S, Dominiczak AF, Walters MR.
aInstitute of Cardiovascular and Medical Sciences bSchool of Medicine cWest of Scotland Cancer Surveillance Unit, College of Medical, Veterinary & Life Sciences, University of Glasgow, Glasgow, UK.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-04-20 17:12 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line