慢性疲労症候群患者における尿中のマイコトキシン(真菌の産生する毒素)の存在



CFSと以前診断された患者(n = 112)がカビへの接触、や尿中のマイコトキシン(真菌の産生する毒素)の存在を評価。尿中のaflatoxins (AT), ochratoxin A (OTA) およびmacrocyclic trichothecenes (MT) をEnzyme Linked Immunosorbent Assays (ELISA)で検査。112 人の患者中104人の患者 (93%) には少なくとも1つのmycotoxin (one in the equivocal range)が存在。ほぼ30%の患者は二つ以上の mycotoxinが存在. OTA が最も多いmycotoxin (83%) であり、MTが次に多い(44%)。接触した既往によると、現在and/or過去の水で傷んだ建物(water-damaged buildings:WDB)への接触は90%以上。これらの患者でWDBにおいて環境のテストを行った。テストによると、mycotoxinが作るカビの種とWDBの環境におけるmycotoxinsの存在を示した。WDBやカビの多い環境に接触した既往のない健常群environment (n = 55)で以前行った同じテストでは、陽性例はなかった。
Toxins (Basel). 2013 Apr 11;5(4):605-17. doi: 10.3390/toxins5040605.
Detection of mycotoxins in patients with chronic fatigue syndrome.
Brewer JH, Thrasher JD, Straus DC, Madison RA, Hooper D.
Plaza Infectious Disease and St. Luke's Hospital, 4320 Wornall Road, Suite 440, Kansas City, MO 64111, USA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-04-20 17:16 | 慢性疲労症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line