線維筋痛症と慢性疲労症候群の区別:ミトコンドリアンの機能不全


CFSおよびFM患者におけるミトコンドリア発生と酸化ストレスの相関を調べた. 23人のCFS患者, 20人のFM患者および15人の健常者。末梢血の単核球(Peripheral blood mononuclear cells:PBMC)ではCFS 患者(p<0.001)および FM患者 (p<0.001対照との比較)のCoQ10レベルが低下し、CFS 患者(p<0.001対照との比較)およびFM患者(p<0.001対照との比較)のATPレベルが低下. 一方, CFS/FM患者では脂質過酸化反応のレベルが有意に増加し, (p<0.001 各々CFS患者および FM患者は対照群に対し)酸化ストレスが誘発した障害を示す。ミトコンドリアのクエン酸シンターゼ活性はFM患者では有意に低い (p<0.001), しかしCFSでは対照群と同レベル。ミトコンドリアのDNA 内容 (mtDNA/gDNA ratio)はCFSでは正常であるが、FM患者では健常者に比べて低下。 (p<0.001). PGC-1α and TFAM by 免疫ブロット法によるPGC-1αおよびTFAMの表現レベルは FM 患者では健常者より有意に低く(p<0.001) CFS患者では健常者と同程度。これらのデータによると、ミトコンドリアの機能不全の従属事象はCFSとFMを鑑別する標識になるかも、そしてミトコンドリアは治療の新しいターゲットになる可能性があるという仮説を導き出す
Antioxid Redox Signal. 2013 Apr 22. [Epub ahead of print]
Could mitochondrial dysfunction be a differentiating marker between Chronic Fatigue Syndrome and Fibromyalgia?1請求
Castro-Marrero J, Cordero MD, Saez-Francas N, Jimenez-Gutiérrez C, Aguilar-Montilla FJ, Aliste L, Alegre-Martin J.
Vall de Hebron Univ Hospital Research Institute, CFS Unit, BARCELONA, Barcelona, Spain ;
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-04-28 00:03 | FMの雑感
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line