骨軟骨病変が合併した複合性局所疼痛症候群


type 1 CRPSと診断された57歳女性とthromboangiitis obliterans (TAO, Buerger's disease)と診断された58歳男性が下肢に接触と冷却を訴える。神経的腰部交感神経節ブロックと神経障害性疼痛の薬の増量の後, 杖なしでの歩行が可能になる。しかし両者とも定常的な痛みが歩行中に左足関節に生じる。局所的な圧痛があり; その後の画像検査で女性の距骨と男性の遠位部のけい骨に骨軟骨病変が見つかる。経皮的な骨形成術直後患者は足関節痛なしで歩行可能になる。
Korean J Pain. 2013 Apr;26(2):164-8. doi: 10.3344/kjp.2013.26.2.164. Epub 2013 Apr 3.
Searching for hidden, painful osteochondral lesions of the ankle in patients with chronic lower limb pain - two case reports -
Ri HS, Lee DH, Kim KH.
Department of Anesthesiology and Pain Medicine, School of Medicine, Pusan National University, Yangsan, Korea.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-04-28 00:09 | 複合性局所疼痛症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line