妊娠中の抗うつ薬は自閉症スペクトラム障害を引き起こしやすい


人口を基にしたnested case-control study。Stockholm County, Sweden, 2001-07。参加者:自閉症スペクトラム障害の4429人 (1828人には知能障害があり、2601人には知能障害なし) および年齢性別をマッチさせた43 277人 (自閉症スペクトラム障害の1679人 および16 845人の対照のデータは0-17歳の若年者のコホート(n=589 114)からのネスト化された母親の抗うつ薬使用から得た。主要な結果の測定:知能障害のあるあるいはない自閉症スペクトラム障害の診断。結果:母親の抑うつの既往は子供の自閉症スペクトラム障害の危険性を高める(adjusted odds ratio 1.49, 95% confidence interval 1.08 to 2.08) が親の抑うつの既往はそうではない。この関連は母親の妊娠中の抗うつ薬使用で強くなる(3.34, 1.50 to 7.47, P=0.003),これはSSRIsあるいは非選択的monoamine reuptake inhibitorsにはかかわりがない。すべての関連は知能障害のない自閉症で高く, 知能障害のある自閉症の増加には根拠がない。unconfoundedと仮定すれば, causal association, 妊娠中の抗うつ薬使用は自閉症スペクトラム障害の0.6%を説明する。まとめ: SSRIs および非選択的monoamine reuptake inhibitors (tricyclic antidepressants) への子宮内での暴露は自閉症スペクトラム障害特に知能障害のない自閉症スペクトラム障害の危険性を高める。
BMJ. 2013 Apr 19;346:f2059. doi: 10.1136/bmj.f2059.
Parental depression, maternal antidepressant use during pregnancy, and risk of autism spectrum disorders: population based case-control study.
Rai D, Lee BK, Dalman C, Golding J, Lewis G, Magnusson C.
Centre for Mental Health, Addiction and Suicide Research, School of Social and Community Medicine, University of Bristol, Bristol BS8 2BN, UK.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-04-28 00:18 | 抗うつ薬
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line