複合性局所疼痛症候群の治療のエビデンス(コクラン)


コクラン。6つのCochrane reviewsと13の non-Cochrane 系統的総説。guanethidineを用いた静脈内局所ブロックはCRPSには効果がなく有意な副作用と関連するという中等度の質のエビデンス。bisphosphonates, calcitonin 又は毎日の静脈内は偽薬と比べると有効; graded motor imageryは通常の治療と比べると痛みに有効かもしれない;そしてmirror therapyはa 'covered mirror' control と比べて脳卒中後のCRPS患者で痛みに有効かもしれない、というという質の低いエビデンス。このエビデンスには注意が必要。局所静脈内ブロックは有効ではないという質の低いエビデンス。質の低いエビデンスは、理学療法又は作業療法は、social work passive attention control と比べて、1年間経過観察時の時点で臨床的には重要ではない程度の小さい効果、を示唆。その他の治療はエビデンスがないか非常に低い質のエビデンスであり結論がでない。
Cochrane Database Syst Rev. 2013 Apr 30;4:CD009416. doi: 10.1002/14651858.CD009416.pub2.
Interventions for treating pain and disability in adults with complex regional pain syndrome.
O'Connell NE, Wand BM, McAuley J, Marston L, Moseley GL.
Centre for Research in Rehabilitation, School of Health Sciences and Social Care, Brunel University, Kingston Lane, Uxbridge, Middlesex, UK, UB8 3PH.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-05-03 22:36 | 複合性局所疼痛症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line