線維筋痛症における児童虐待


2010年1月から2011年12月まで三次紹介痛みセンターの成人FMS患者において、児童虐待, 身体症状の強さ, および身体表現の解離症状の関連を調べた。子供時代の虐待はthe Childhood Trauma Questionnaireで評価し, 身体表現の解離症状(somatoform dissociative symptoms)はthe Somatoform Dissociation Questionnaireで評価し, 身体症状の強さはthe Patient Health Questionnaire-15で評価し、抑うつは the Patient Health Questionnaire-2で評価した。117人の患者 (84%は女性) を解析し,そのうち 20.5%は子供時代または青春期の強度の精神的な虐待を報告し, 8.6%は強度の身体的虐待を報告し, 12.8%は強度の性的虐待を報告し, 25.6%は強度の精神的無視を報告し, 12.0% は強度の身体的無視を報告。平均的には, 患者は高レベルのsomatoform dissociative symptomsおよび中等度の身体症状の強さと抑うつを報告。Somatoform dissociative symptomsおよび精神的虐待は中等度に関連あり (r = .32). 階層的な回帰分析によると, 性 (p = .01) および身体症状の強さ(p < .0001)はsomatoform dissociative symptomsの有意な予測因子であるが、子供時代の虐待と抑うつはそうではない. FMS患者のsomatoform dissociative symptomsの報告は多発性の身体症状を報告する傾向に関与するかも。
J Trauma Dissociation. 2013;14(3):342-58. doi: 10.1080/15299732.2012.736930.
The association among childhood maltreatment, somatic symptom intensity, depression, and somatoform dissociative symptoms in patients with fibromyalgia syndrome: a single-center cohort study.
Bohn D, Bernardy K, Wolfe F, Häuser W.
a Department of Internal Medicine I , Klinikum Saarbrücken , Saarbrücken , Germany.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-05-03 23:05 | FMの疫学
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line