母体や新生児へのアセトアミノフェン(カロナール)投与は自閉症の危険因子


方法:出生前のparacetamol(acetaminophen) 暴露と ASD(自閉症スペクトラム障害)の関連を調べるために、人口で重み付けをした自閉症の平均有病率とparacetamolの使用率を比較した。早期新生児のparacetamol暴露とautism/ASDの関連を調べるために, 人口で重み付けをした利用可能な全ての国とアメリカの州の男性の自閉症の平均有病率を男性の割礼立と比較した--1990年代半ばからは割礼中にはparacetamolが広く用いられるようになった.アメリカのCenters for Disease Control and Prevention のAutism/ASD有病率研究のまとめのデータベースから有病率を抽出。母親のMaternal paracetamol 使用率と割礼率はPub Medにより調べた。結果:1984年から2005年までの国レベルのデータ(n = 8)を用いると, 出生前のparacetamol使用は 自閉症/自閉症スペクトラム障害(autism/ASD)の有病率に関連する (r = 0.80)。国レベルの (n = 9)男性の autism/ASDの有病率と国の割礼の割合には強い関連がある (r = 0.98)。同様の強いパターンがアメリカの州の間やアメリカの3つの主な人種/民族群を比較した際にも見られる。男性におけるautism/ASDの有病率とparacetamolの国レベルの関連は割礼中に薬が広く用いられるようになった 1995年以前はかなり弱くなる。Environ Health. 2013 May 9;12(1):41. [Epub ahead of print]
Prenatal and perinatal analgesic exposure and autism: an ecological link.
Bauer AZ, Kriebel D.

 この報告は大問題です。今まで妊婦や新生児に安全と考えられていたアセトアミノフェン(カロナール)が自閉症の危険因子という報告です。代替薬はありません。危険を承知で飲むしかありません。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-05-11 22:19 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line