悪性むずむず脚症候群


たとえ高用量の組み合わせ治療を行っても時々症状が重篤になり難治性になる。Here we present two cases of familial RLS with 厳しく通常ではない運動症状と感覚症状のある家族性RLS 患者2人、RLSの症状の特徴に加えてepisodes of myoclonic hyperkinesias および有痛性の感覚がある。RLSの薬-および抗うつ薬を漸減し、オピオイド単独治療にして、オピオイド ローテーションを行い症状が改善した。2人とも少量のdopaminergic drugsの再開により満足できる治療効果が得られた。 通常使用する全ての薬の組み合わせによっても反応しないRLSを悪性RLSと命名。この場合、薬を減らしてオピオイドローテーションを考慮すべき。
Sleep Med. 2013 May 2. pii: S1389-9457(13)00095-6. doi: 10.1016/j.sleep.2013.02.012. [Epub ahead of print]
When restless legs syndrome turns malignant.
Schulte EC, Gross N, Slawik H, Winkelmann J.
Neurologische Klinik und Poliklinik, Klinikum rechts der Isar, Technische Universität München, Ismaningerstr. 22, 81675 München, Germany; Institut für Humangenetik, Helmholtz Zentrum München, Ingolstädter Landstr. 1, 85764 Neuherberg, Germany; Institut für Humangenetik, Klinikum rechts der Isar, Technische Universität München, Trogerstr. 32, 81675 München, Germany.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-05-12 11:55 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line