NSAID潰瘍、特に小腸病変にはPPIよりガスロンの方が有効

32人の健常なvolunteersを were assigned to an irsogladine群(Group I; n = 16) diclofenac sodium 75 mg およびirsogladine(イルソグラジン:ガスロン) 4 mgを毎日 14 日間内服, 又はomeprazole 群(Group O; n = 16) diclofenac sodium 75 mg およびomeprazole 10 mgを毎日 14日間. 治療前後で食道炎および胃潰瘍は食道胃十二指腸内視鏡検査で評価し、小腸の障害はカプセル内視鏡、便のcalprotectin, および便潜血で評価。結果: Group I 群とGroup O 群には、治療前後の食道、胃、十二指腸の病変点数の変化の点では、有意な差はない。Group Oではカプセル内視鏡による評価では、NSAID治療は有意に小腸粘膜の破綻の数を増やし、治療前は一人当たり0.1 +/- 0.3であり治療後は 1.9 +/- 2.0 個の病変 (p = 0.0002)。一方、Group I では治療前後の小腸粘膜の破綻の数には有意差はない (0.3 +/- 0.8 to 0.5 +/- 0.7, p = 0.62), そして群間の差は有意 (p = 0.0040). 便のcalprotectin濃度, 治療前の濃度を1と定義すると, Group O群 (from 1.0 +/- 0.0 to 18.1 +/- 37.1, p = 0.0002) およびGroup I 群(from 1.0 +/- 0.0 to 6.0 +/- 11.1, p = 0.0280)でも有意に増加する; Group O群の増加はGroup I群の増加よりも有意に高い (p<0.05). さらに便潜血レベルはGroup O群では有意に増加するが (p = 0.0018), Group I 群では変化せず(p = 1.0), そして群間の差は有意 (p = 0.0031).
BMC Gastroenterol. 2013 May 14;13(1):85. [Epub ahead of print]
Preventive effect of irsogladine or omeprazole on non-steroidal anti-inflammatory drug-induced esophagitis, peptic ulcers, and small intestinal lesions in humans, a prospective randomized controlled study.
Kuramoto T, Umegaki E, Nouda S, Narabayashi K, Kojima Y, Yoda Y, Ishida K, Kawakami K, Abe Y, Takeuchi T, Inoue T, Murano M, Tokioka S, Higuchi K.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-05-18 16:34 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line