むずむず脚症候群の治療(総説)


生活スタイルの変更, 栄養補助食品、非薬物治療のは不十分なエビデンス。第一選択はpramipexole, ropinirole, rotigotine transdermal patch およびlevodopaを含むdopaminergic medication. しかしdopaminergic治療によって症状が悪化してしまう RLS augmentationの症状はRLS,治療の主要な問題点であり、augmentationの予防はRLS治療の主要な目標のひとつ。患者の夜間睡眠または日常の活動に有意な影響を与えた場合にのみRLSの治療が必要。dopamine agonistsの量は許容できる症状の改善内で最小量を維持すべき。Augmentationが起これば治療中止または治療変更が必要かも。別の薬物治療あるいは追加的な薬物治療にはエビデンスの質は低いopioids (codeine, tramadol, およびoxycodone) および抗痙攣薬 (gabapentin, gabapentin enacarbil, およびpregabalin). 治療の選択はRLSの症状の程度およびRLS治療の短期間または長期間の治療効果によるべき。鉄欠乏は診断時に同定すべきであり、その治療はRLS症状を軽減するかも知れないしaugmentationの危険性を減らす。二次的 RLSの治療には明確なエビデンスはないが,一次性RLS 出使用する薬を試すべき。
Curr Treat Options Neurol. 2013 May 24. [Epub ahead of print]
Treatment of Restless Legs Syndrome.
Rios Romenets S, Postuma RB.
Department of Neurology, McGill University, Montreal General Hospital, L7-312, 1650 Cedar Ave., Montreal, Quebec, Canada, H3G 1A4.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-05-28 21:20 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line