複合性局所疼痛症候群への抗TNF-αの効果


13人のCRPS患者が無作為にinfliximab 5 mg/kg またはplaceboに振り分けられ, 両方とも0, 2, および6週で投薬。結果の計測: infliximab投与後の局所炎症の臨床症状の軽減を確かめる (total impairment level sumscore: ISSによる). 誘発された水疱の液体のメディエーターのレベルを生活の質の正常化や改善と関連して調べた。結果:6人患者がinfliximabを7,人がplacebo。2群間で全ISS点数には有意な変化はない。同様に両群にはサイトカインレベルの変化には有意な差はない。しかし、プラセボに比べて薬ではTNF-αの減少が大きい傾向。プラセボに比べて薬では、EuroQol (ie EuroQol VAS)のサブスケールでは 健康状態が有意に減少。まとめ:当初からTNF-α濃度が高い場合にはinfliximabには効果がある傾向。
Pain Pract. 2013 May 22. doi: 10.1111/papr.12078. [Epub ahead of print]
Report of a Preliminary Discontinued Double-Blind, Randomized, Placebo-Controlled Trial of the Anti-TNF-α Chimeric Monoclonal Antibody Infliximab in Complex Regional Pain Syndrome.
Dirckx M, Groeneweg G, Wesseldijk F, Stronks DL, Huygen FJ.
Erasmus MC, Center for Pain Medicine, Rotterdam, The Netherlands.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-05-28 21:42 | 複合性局所疼痛症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line