慢性疲労症候群の有病率を調べた研究における診断基準


方法:1990年以来の系統的総説。結果:31の研究。CFSの有病率の研究は1988 Centers for Disease Control and Prevention, Australian, およびOxford基準. The 1994 Centers for Disease Control and Prevention基準は一般基準として国際的に使用されている。一つのみが最近の基準であるCanadian Consensus Criteria.を使用していた。Ho-Yenによって定義された, 2005 Centers for Disease Control and Preventionの経験的定義および疫学的症例定義でも行われていた.
Ann Epidemiol. 2013 Jun;23(6):371-6. doi: 10.1016/j.annepidem.2013.04.003.
The adoption of chronic fatigue syndrome/myalgic encephalomyelitis case definitions to assess prevalence: a systematic review.
Johnston S, Brenu EW, Staines DR, Marshall-Gradisnik S.
Griffith Health Institute, School of Medical Sciences, National Centre for Neuroimmunology and Emerging Diseases, Griffith University, Parklands, QLD, Australia.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-06-03 21:31 | 慢性疲労症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line