糸球体腎症患者におけるむずむず脚症候群と睡眠の質


糸球体腎症(glomerulopathy)。平均年齢36+/-11 歳であり、24時間尿蛋白が 3.5 g/1.73 m2より多く低アルブミン血症が合併するで定義されたネフローゼ症候群の患者(n = 99, 53人は女性). 年齢と性別を一致させた対照群でRLS患者と睡眠の質が悪い有病率を比較。the International Restless Legs Syndrome andによって作られた標準的なRLSのアンケートおよびPittsburgh Sleep Quality Index (PSQI)を用いた。結果: ネフローゼ症候群では対照群よりRLSの頻度が高かった (22.8 vs. 4.0%, p = 0.01).診断からの平均期間(52.2+/-34.1 vs. 28.6+/-22.5か月, p < 0.01) および24時間蛋白尿 (3.7+/-1.3 vs. 2.6+/-0.6 g/1.73 m2, p = 0.001)はRLSを合併したネフローゼ症候群患者の方がRLSを合併していないネフローゼ症候群患者よりも大きい。年齢, GFRおよび糖尿病で補正しても 、RLSと24時間蛋白尿 [OR = 2.31; p = 0.007; 95% CI 1.87-2.89] およびRLSと診断からの期間 [OR = 1.10; p = 0.003; CI = 1.02-1.39]の関連が認められた。ネフローゼ症候群患者の方が対照群よりも睡眠の質が悪い (m平均PSQI score 7.35+/-3.7 vs. 5.2+/-3.0, p = 0.003). ネフローゼ症候群患者においては, RLSのみが睡眠の質の悪さと関連する (OR = 1.20; p = 0.004).
BMC Nephrol. 2013 May 28;14(1):113. [Epub ahead of print]
Restless legs syndrome and quality of sleep in patients with glomerulopathy.
Libório AB, Santos JP, Minete NF, de Diógenes CA, de Farias LA, de Bruin VM.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-06-03 21:40 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line