神経障害性疼痛においてリリカとサインバルタの併用はリリカ上限量、サインバルタ上限量より効果があるか



この多施設、二重盲検, parallel-group研究で標準量のduloxetine またはpregabalinに反応しない diabetic peripheral neuropathic pain患者において、両薬物の併用は各薬物のを最大推量よりも優れているかどうかを調べた。当初8週間 60 mg/day duloxetine (groups 1, 2) または300 mg/day pregabalin (groups 3, 4)を投与。その後8週間の併用療法/高用量治療を行い, 無反応者のみに120mg/day duloxetine (group 1), 60 mg/day duloxetineおよび 300 mg/day pregabalinの併用 (groups 2, 3), または600 mg/day pregabalin (group 4)投与. 一次的な結果 (併用療法/高用量治療後のBrief Pain Inventory Modified Short Form [BPI-MSF] 24時間の痛みの平均の変化) を併用療法(groups 2, 3 pooled)と単独高用量療法 (groups 1, 4 pooled)で比較した。二次的な結果には 反応率, BPI-MSF-severity items, およびduloxetineと pregabalin in BPI-MSFの痛みの平均の比較を含む。804人の患者を最初の治療で評価、そして339人に併用療法/高用量治療。BPI-MSF 平均の痛み(変化の平均:併用療法: -2.35; 単独高用量治療: -2.16; p=0.370)および二次的評価の大部分には併用療法と単独高用量療法には有意差なし,しかし併用療法の方が良好. 50反応率は併用療法で52.1%、単独高用量治療で39.3% (p=0.068)。当初の8週間の補正していない多重比較の予備解析によると、 60mg/day duloxetineの方が300mg/day pregabalinより優れていた (p<0.001)。両方の薬や組み合わせは十分に耐えられた。単独高用量療法より有意には優れてはいないが、併用療法は有効で、安全で、耐えられるとみなされる。最大投与量の半分を投与した当初の8週間の治療ではduloxetineの方が鎮痛効果が強かった。
Pain. 2013 May 31. pii: S0304-3959(13)00285-6. doi: 10.1016/j.pain.2013.05.043. [Epub ahead of print]
Duloxetine and pregabalin: High-dose monotherapy or their combination? The "COMBO-DN study" - a multinational, randomized, double-blind, parallel-group study in patients with diabetic peripheral neuropathic pain.
Tesfaye S, Wilhelm S, Lledo A, Schacht A, Tölle T, Bouhassira D, Cruccu G, Skljarevski V, Freynhagen R.
University of Sheffield, Royal Hallamshire Hospital, Sheffield, United Kingdom.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-06-09 16:51 | 神経障害性疼痛
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line