慢性疲労症候群と診断することは有用か


イギリス。CFS/ME [Specialist Medical Intervention and Lightning Evaluation (SMILE)]で青年CFS/ME 患者の13人の母親と12人の青年CFS/ME 患者にインタビュー結果: 専門家を受診することは困難であり時間がかかる。母親は、部分的には一次医療および二次医療での知識不足のため、それは先行し持続すべきであると感じている。CFS/MEサービスは彼女たちの子供の状態を認め認識しており医療従事者と教育関係者の対話への門を開くために、母親はCFS/MEサービスは有用と感じている。いくらかの青年は治療は活動を制限するという事実が好きではないが、青年期のCFS/ME患者は専門家の医療はより症状の対処になると報告している
Prim Health Care Res Dev. 2013 Apr 25:1-9. [Epub ahead of print]
Adolescents and mothers value referral to a specialist service for chronic fatigue syndrome or myalgic encephalopathy (CFS/ME).
Beasant L, Mills N, Crawley E.
1 School of Social & Community Medicine, Centre for Child & Adolescent Health, University of Bristol, Oakfield Grove, UK.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-06-09 17:34 | 慢性疲労症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line