むずむず脚症候群男性の死亡率(前向き研究)


方法:医療従事者経過観察研究(Health Professionals Follow-up Study:HPFS)で糖尿病、関節炎、腎不全のないアメリカ人男性18,425人の前向きコホート研究。2002年に, 標準的な質問でRLSを評価。州の生命統計記録, the National Death Index, 家族の報告および郵便制度により死亡を確認。結果経過観察の8年間で(2002-2010), 2,765人の死亡あり。年齢で補正するとRLSでは死亡率が39%増加する(hazard ratio [HR] = 1.39; 95% confidence interval [CI] 1.19-1.62; p < 0.0001). BMI,生活スタイル、慢性疾患、睡眠時間、その他の睡眠関連疾患で補正するとRLSと死亡率の関連は少し弱くなる(adjusted HR = 1.30; 95% CI 1.11-1.52; p = 0.003).重大な慢性疾患 (例えば癌, 高血圧, 心血管疾患、およびその他の合併症),でさらに補正すると修正HR は1.92 (95% CI 1.03-3.56; p = 0.04)。RLSと全死亡率に関連するその他の危険因子との関連 (高齢, 過体重、睡眠時間が短いこと, 喫煙, 身体活動が低いこと, および不健康な食事) は有意ではなかった(すべての関連はp >0.2).まとめ: RLS患者における死亡率の増加は呼吸器疾患内分泌疾患, 栄養/代謝疾患, および免疫疾患とさらに頻繁に関連する.
Neurology. 2013 Jun 12. [Epub ahead of print]
Prospective study of restless legs syndrome and mortality among men.
Li Y, Wang W, Winkelman JW, Malhotra A, Ma J, Gao X.
From The Channing Laboratory (Y.L., J.M., X.G.) and the Division of Sleep Medicine (J.W.W., A.M.), Department of Medicine, Brigham and Women's Hospital and Harvard Medical School, Boston, MA; Department of Otolaryngology (W.W.), Tianjin First Central Hospital, Tianjin, China; and Department of Nutrition (W.W., X.G.), Harvard School of Public Health, Boston, MA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-06-16 08:13 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line