多発性硬化症にはむずむず脚症候群が多い


方法:多発性硬化症(multiple sclerosis:MS)患者と年齢性別を一致させた健常人による横断研究。全員にRLS症状を尋ねる。RLSの診断後, 患者を2群に分ける:つまりRLSと非RLS。両群で, 以下の指標を評価: 年齢、性別、他の合併疾患、MSの罹病期間, MSの経過, RLSの家族歴, 貧血の既往, および内服薬。RLSと診断された患者の症状の程度も評価。結果: MS患者126人と健常者 126人であり、年齢と性別には有意差なし。IMS群では82 人(65.1%)、対照群では 16 人(12.7%)がRLS. MS患者におけるRLSの有病率は 対照群よりも有意に大きい。MS患者の中, 60人の男性 (73.2%) および22人の女性 (26.8%)が RLS. RLSを合併したMS患者の平均年齢は、RLSを合併しないMS患者の平均年齢 より有意に高い。MS患者および EDSS点数の高い患者は RLS症状が強い。まとめ:MS患者の神経学的な検査をする場合にはRLSを念頭に置くべき。
Int J Prev Med. 2013 May;4(Suppl 2):S189-93.
Restless legs syndrome in Iranian multiple sclerosis patients: a case-control study.
Shaygannejad V, Ardestani PE, Ghasemi M, Meamar R.
Department of Neurology, Isfahan University of Medical Sciences, Isfahan, Iran ; Department of Neurology, Isfahan Neurosciences Research Center, Isfahan University of Medical Sciences, Isfahan, Iran.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-06-22 15:02 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line