抗うつ薬と非定型抗精神病薬の心血管イベントと死亡率の関連


後ろ向き, 横断的研究。退役軍人病院のPrimary care clinic。2009年6月から2010年12月まで1136人の患者が抑うつと診断され 抗うつ薬単独治療(664人の患者)または抗うつ薬を用いない治療 (472人の患者[対照])を受けた。方法:患者の人口統計学データ, 疾患の診断, 検査データ, および薬物治療のデータを医療記録から集めた。1136人の患者のうち, 患者の平均年齢は61歳, 90%は男性, そして77%は喫煙者. 平均BMIは30.4kg/m2 , 血圧は126/73mm Hg, hemoglobin A1cは 6%, low-density lipoprotein cholesterol は106.7 mg/dl, そしてFramingham scoreは 17.抗うつ薬単独治療を受けた患者は抗うつ薬の種類により分類; SSRIsが最も多い。非定型抗精神病薬の併用はSNRI(venlafaxine), SSRI, およびserotonin receptor antagonist (trazodone) との併用が多い (p=0.0067).人口統計学データ, 併用薬, および合併症で補正するとSSRI使用は有意に全原因の死亡率が低いことと関連する(odds ratio [OR] 0.37, 95% confidence interval [CI] 0.19-0.71, p=0.0028).注目すべきは, noradrenergic and specific serotonergic antidepressant (mirtazapine)使用は有意に心不全の有病率が高いことと関連する (OR 3.26, 95% CI 1.029-10.38, p=0.0445). 非定型抗精神病薬の使用は有意に心血管イベントの有病率が高いこと(OR 2.23, 95% CI 1.29-3.83, p=0.0036) および全原因の死亡率が高いこと (OR 2.05, 95% CI 1.03-4.1, p=0.04)と関連する.
Pharmacotherapy. 2013 Jun 17. doi: 10.1002/phar.1311. [Epub ahead of print]
Association of Antidepressant and Atypical Antipsychotic Use with Cardiovascular Events and Mortality in a Veteran Population.
Acharya T, Acharya S, Tringali S, Huang J.
Primary Care Service, Veterans Administration Central California Health Care System, Fresno, California; Department of Medicine, University of California, San Francisco, Fresno Medical Education Program, Fresno, California.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-06-22 15:28 | 抗うつ薬
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line