イブプロフェンとアセトアミノフェンの併用は術後痛を軽減する(コクラン)


コクラン。選択基準:成人において急性術後痛において、無作為振り分け、二重盲検臨床研究で経口ibuprofen plus paracetamol とプラセボあるいは同量のibuprofenのみを比較する 主要な結果: 3つの研究で1647人の参加者. いくつかの投与量の組み合わせ。ibuprofen 200 mg + paracetamol 500 mgと偽薬の比較が508人, ibuprofen 400 mg + paracetamol 1000 mgと偽薬の比較が543人, そしてibuprofen 400 mg + paracetamol 1000 mg とibuprofen 400 mg単独の比較が359人。6時間で少なくとも最大の痛みが50%以上軽減した割合はibuprofen 200 mg + paracetamol 500 mgでは69%, ibuprofen 400 mg + paracetamol 1000 mgでは73%, そして偽薬では7%, そして偽薬に対するNNTsは少量投与で1.6 (1.5 to 1.8) 大量投与で1.5 (1.4 to 1.7). ibuprofen 400 mg単独では 52%であり, ibuprofen 単独に対するibuprofen 400 mg + paracetamol 1000 mg のNNTは 5.4 (3.5 to 12)。Ibuprofen + paracetamol の200/500 mg および400/1000 mgは偽薬よりも再投薬までの期間が長くなる。rescue medicationを使用するまでの時間の中央値は 7.6時間(ibuprofen 200 mg + paracetamol 500 mg), 8.3時間(ibuprofen 400 mg + paracetamol 1000 mg), そして1.7時間(偽薬)。rescue medicationが必要な参加者は ibuprofen + paracetamolの併用の方が偽薬やibuprofen単独よりも少ない。その割合は34% (偽薬),偽薬と比較した場合のrescue medicationを使用しないNNTsは各々2.2 (1.8 to 2.9) および1.8 (1.6 to 2.2)。ibuprofen 400 mgでのrescue medication使用の割合は48%であり, ibuprofen 単独に対するibuprofen 400 mg + paracetamol 1000 mg のrescue medication不使用のNNTは4.3 (3.0 to 7.7)。1つ以上の副作用を経験する割合は30%(ibuprofen 200 mg + paracetamol 500 mg), 29%(ibuprofen 400 mg + paracetamol 1000 mg), そして48%(偽薬)であり, 併用治療の低用量と高用量のgiving NNT は各々5.4 (3.6 to 10.5) と5.1 (3.5 to 9.5). この研究では深刻な副作用は報告されず。効果不十分意外で脱落した割合は5%未満であり、治療方法によらず同程度。
Cochrane Database Syst Rev. 2013 Jun 24;6:CD010210. [Epub ahead of print]
Single dose oral ibuprofen plus paracetamol (acetaminophen) for acute postoperative pain.
Derry CJ, Derry S, Moore RA.
Pain Research and Nuffield Department of Clinical Neurosciences, University of Oxford, Pain Research Unit, Churchill Hospital, Oxford, Oxfordshire, UK, OX3 7LJ.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-07-01 20:13 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line