むずむず脚症候群における抑うつ症状


方法: 睡眠クリニックの112人のRLS患者。RLSの既往, 抑うつと睡眠障害を調べた。抑うつと不眠はDSM-IV-TR 基準で調べた. 患者は過去1年間で抑うつがあったかどうかを尋ねられた。RLSの程度と不眠は各々RLSおよびISIのHindi語版で評価。RLSと抑うつの家族歴も尋ねられた。結果:1年間の抑うつの有病率は41.8%. MDDは 33%で報告され気分変調は8.8%で報告された。両群は以下の点で同程度、人口統計的特徴、臨床的特徴,つまり., 年齢, 性別, 罹病期間, RLSの程度とRLSの家族歴. 不眠の罹病期間, 不眠の出来事の数、不眠の程度、抑うつの家族歴は両群で同程度である。MDD患者の37.8%では, 抑うつ症状がRLSに先行し 、51.4%はRLSの発症後に抑うつ症状が起こった. RLS症状の全持続期間は抑うつの全期間に関連しない(r(2)=0.07; P=0.64).
Asian J Psychiatr. 2013 Aug;6(4):308-12. doi: 10.1016/j.ajp.2013.01.011. Epub 2013 Mar 13.
A study examining depression in restless legs syndrome.Gupta R, Lahan V, Goel D.
Department of Psychiatry, Himalayan Institute of Medical Sciences, Swami Ram Nagar, Doiwala, Dehradun 248140, India; Department of Sleep Clinic, Himalayan Institute of Medical Sciences, Swami Ram Nagar, Doiwala, Dehradun 248140, India.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-07-07 22:42 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line