小児や青年の慢性疲労症候群患者の臨床像


方法:CFSで紹介された子供の10年間 (2002-2011)のデータを後ろ向きに集めた。結果:37人の子供が紹介された。4人は不正なcodingのため除外。6人の患者 (18%) は評価の最後には他の診断を受けた。G93.3の診断を受けた27人中, 4人は以前の慢性疾患であり、23人は以前は健康であった。全患者が感染と関連のある疲労症状の発症を報告しており、Epstein-Barr virus, cytomegalovirus又はborreliaに対するIgGが陽性であり, これは以前の感染を示唆する。27人中 16人 (59%) は男性。疲労症状発生のの平均年齢は男性では141か月 (SD 30) であり女性では136 か月(SD 31)。BMI < 17.5で定義した低体重は, 12人 (44%) に見られた。
CFS in Children and Adolescent: Ten Years of Retrospective Clinical Evaluation.ダウンロード可能
Elgen I, Hikmat O, Aspevik TN, Hagen EM.
Department of Child and Adolescent Psychiatry, Haukeland University Hospital, 5021 Bergen, Norway ; Department of Clinical Medicine, University of Bergen, P.O Box 7804, 5020 Bergen, Norway.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-07-20 15:16 | 慢性疲労症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line