the International Restless Legs Syndrome Study Group によるむずむず脚症候群の治療ガイドライン


the International Restless Legs Syndrome Study Group (IRLSSG)によるrestless legs syndrome/Willis-Ekbom disease (RLS/WED)治療のガイドライン。PregabalinはRLS/WED治療において1年間までは有効 (Level A evidence). Pramipexole, ropinirole, およびrotigotineはRLS/WED治療において6ヶ月までは有効 (Level A). 以下の薬は1-5年の間では恐らく有効(Level B): gabapentin enacarbil, pramipexole,および ropinirole (1year); levodopa (2years); そしてrotigotine (5years). 安全性の問題で, もし有効性が危険性を明らかに上回らなければpergolideおよび cabergolineはRLS/WEDの治療には使用すべきではない。その他の薬物治療にはRLS/WEDの長期治療には不十分はエビデンスあるのみ. The IRLSSG Task Forceはコンセンサスに基づいた合併症の予防や対処方法の方針を作成 (例えばaugmentation, 効果の喪失, 過剰な日中の眠気, および衝動調節障害)しそれはRLS/WEDの長期の薬物治療を可能にするかもしれない。dopamine受容体作動薬又はα2δ calcium-channel ligandを大部分のRLS/WED患者の第一選択として推薦する。患者のRLS/WED症状の程度、認知機能の程度、既往、合併症で薬を選択する。
Sleep Med. 2013 Jul;14(7):675-84. doi: 10.1016/j.sleep.2013.05.016.
The long-term treatment of restless legs syndrome/Willis-Ekbom disease: evidence-based guidelines and clinical consensus best practice guidance: a report from the International Restless Legs Syndrome Study Group.1請求
Garcia-Borreguero D, Kohnen R, Silber MH, Winkelman JW, Earley CJ, Högl B, Manconi M, Montplaisir J, Inoue Y, Allen RP.
Sleep Research Institute, Madrid, Spain.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-07-20 15:34 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line