むずむず脚症候群は衝動的なパーキンソン病に多い


方法: 特発性パーキンソン病(Parkinson's disease:PD)患者(N = 143) が睡眠効率、過剰な日中の眠気、RLS,いびき、夢/悪夢、および夜間頻尿を評価するthe Minnesota Impulse Disorder Interview および睡眠のアンケートに答えた。患者はUnified Parkinson's Disease Rating Scaleという運動機能の検査と認知機能の検査を受けた。結果: 衝動的なPD患者は衝動的ではないPD患者と比べると睡眠の訴えが多い。群間の差は衝動的なPD患者において、睡眠効率が悪いことや(e.g., greater nocturnal awakenings), p < .01,日中の眠気が強い, p < .01,ことに起因する。興味深いことに, RLSは衝動的なPD患者に多い, p < .05。この結果は投薬や疾患の程度では説明できない。まとめ: 睡眠効率が悪いこと、RLS、日中の眠気が増加することは衝動的なPDと関連する。睡眠障害がPDの衝動性に先行するのかどうかを確かめるために縦断研究が必要。
Parkinsonism Relat Disord. 2013 Jul 20. pii: S1353-8020(13)00236-8. doi: 10.1016/j.parkreldis.2013.06.018. [Epub ahead of print]
Sleep and impulsivity in Parkinson's disease.1請求
Scullin MK, Sollinger AB, Land J, Wood-Siverio C, Zanders L, Lee R, Freeman A, Goldstein FC, Bliwise DL, Factor SA.
Department of Neurology, Emory University School of Medicine, 1841 Clifton Road NE, Atlanta, GA 30329, USA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-07-28 20:02 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line