慢性疲労症候群における偏頭痛


方法: 50人のGulf War Illness (GWI)患者, 3人の CFS患者および45人の対照群が、2004 International Headache Society criteriaに基づき構造的な頭痛評価を受けた。全員が既往歴と理学検査を受け, 疲労と症状に関連したアンケートを受け,全身的な痛覚過敏 (dolorimetry)の評価を受け, 除外基準の評価を受けた.結果: Migrainesは GWI患者の64%にあり(odds ratio = 11.6 [4.1-32.5]) (mean [±95% CI]) CFS患者の82%にあり (odds ratio = 22.5 [7.8-64.8])、対照群の13%にある。CFS女性では GWIや対照群よりも多い.しかし, migraineの状態はGWIおよび CFS 群の性別とは独立(x (2) = 2.7; P = 0.101).疲労, 痛み, およびその他の付随的な基準はGWI および頭痛のあるCFS患者や頭痛のないCFS患者で同等。
Front Physiol. 2013 Jul 24;4:181. doi: 10.3389/fphys.2013.00181. Print 2013.
Migraine in gulf war illness and chronic fatigue syndrome: prevalence, potential mechanisms, and evaluation.
Rayhan RU, Ravindran MK, Baraniuk JN.
Division of Rheumatology, Immunology and Allergy, Department of Medicine, Georgetown University Washington, DC, USA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-08-04 09:03 | 慢性疲労症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line