抗うつ薬は糖尿病を引き起こす


方法:TCAs、SSRIs、SNRIsおよびその他の抗うつ薬と糖尿病との関連に関して、2011年12月31日までのメタ解析。結果: スクリーニングをした2,934の論文中, 3つの症例対照研究, 9つのコホート研究, そして臨床研究は最終的な解析に含まれず. すべての研究を統合すると, 変量効果モデルによると、抗うつ薬の使用はDMの危険性の増加と有意に関連する (relative risk [RR], 1.49; 95% confidence interval [CI], 1.29 to 1.71). サブグループ解析では, DMの危険性は SSRI 使用者(RR, 1.35; 95% CI, 1.15 to 1.58) およびTCA 使用者(RR, 1.57; 95% CI, 1.26 to 1.96)で増加する。研究のタイプ、情報源、地域、投薬期間、研究の質にかかわらずサブグループ解析は同じ結果になる。体重、抑うつの程度、身体活動で補正してもサブグループ解析の結果は正の関係を示すT (RR, 1.14; 95% CI, 1.01 to 1.28)。出版の偏りが選択された研究で見られる (Egger's test, P for bias = 0.09).
Korean J Fam Med. 2013 Jul;34(4):228-40. doi: 10.4082/kjfm.2013.34.4.228. Epub 2013 Jul 24.
Antidepressant use and diabetes mellitus risk: a meta-analysis.Yoon JM, Cho EG, Lee HK, Park SM.
Department of Family Medicine, Seoul National University Hospital, Seoul National University College of Medicine, Seoul, Korea.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-08-04 09:32 | 抗うつ薬
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line