変形性関節症にはNSAIDとリリカの併用が有用


対象と方法: 89人の膝OA患者を無作為振り分け前向き研究。患者をmeloxicam(モービック), pregabalin, およびmeloxicam+pregabalin群に分ける。痛み点数はVAS, およびWestern Ontario and McMaster Universities Osteoarthritis Index (WOMAC)を用いて薬物治療の前と4週後で評価.Kruskal-Wallis testで群間の痛み点数を比較。結果: 薬物治療前は,3群間にはVAS およびWOMAC点数には有意差なし (p>0.05)。他の群に比べるとmeloxicam+pregabalin群は1, 2, および4週でのVASと, 4週でのWOMAC点数は有意に軽減した (p<0.05). meloxicamのみの群 in 4週間でのVAS および4週でのWOMAC点数はpregabalinのみの群と比べて有意な痛みの軽減はない (p>0.05).まとめ: Meloxicam+pregabalin群はOA患者に有効。この所見は、OAの痛みは炎症とNPの組み合わせであることを示唆する。
Yonei Med J. 2013 Sep 1;54(5):1253-8. doi: 10.3349/ymj.2013.54.5.1253.
Efficacy of combination of meloxicam and pregabalin for pain in knee osteoarthritisOhtori S, Inoue G, Orita S, Takaso M, Eguchi Y, Ochiai N, Kishida S, Kuniyoshi K, Aoki Y, Ishikawa T, Miyagi M, Kamoda H, Suzkuki M, Nakamura J, Kubota G, Sakuma Y, Oikawa Y, Toyone T, Inage K, Sainoh T, Yamauchi K, Takahashi K.
Department of Orthopaedic Surgery, Graduate School of Medicine, Chiba University, 1-8-1 Inohana, Chuo-ku, Chiba 260-8670, Japan. sohtori@faculty.chiba-u.jp
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-08-11 19:35 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line