アセトアミノフェンによる先制鎮痛法


対象と方法:倫理委員会の許可の後, ASAI-II, 300 人の胆嚢摘出(術)患者を無作為に3群に分ける: Group I (先制鎮痛法) ではparacetamol 1 g/100 mLを皮膚切開の10分前に静脈注射し手術終了時に100 mL の生食を静脈注射, Group II (術後鎮痛) では皮膚切開の前に100 mL の生食を静脈注射し術後にparacetamol 1 g/100 mLを静脈注射、Group III (placebo) は皮膚切開の10分前に100 mLの生食を静脈注射し、術後に100 mLの生食を静脈注射。鎮痛薬であるtramadol (Contramal(®))が最初に必要となった時間、および24時間での鎮痛薬の消費量を記録。VAS痛み点数を全患者で術後 15, 30分、 1, 2, 4, 6, 8, 12 、24 時間で計測。結果:最初に鎮痛薬が必要になるまでの時間はGroup I およびGroup IIは, Group IIIに比べて有意に長い (P < 0.05)。最初に鎮痛薬が必要になるまでの時間はGroup I ではGroup IIより有意に長い (P < 0.05)。術後の鎮痛薬全消費量および術後のVAS痛み点数はGroup I およびIIではGroup IIIに比べて有意に少ない。術後の鎮痛薬全消費量および術後のVAS痛み点数はGroup IではGroup IIに比べて有意に少ない (P < 0.05).
J Res Med Sci. 2013 Mar;18(3):172-7.
Comparing the efficacy of preemptive intravenous paracetamol on the reducing effect of opioid usage in cholecystectomy.
Arslan M, Celep B, Ciçek R, Kalender HÜ, Yılmaz H.
Department of Anesthesiology and Reanimation, Gazi University Medical Faculty, Ankara, Turkey.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-08-11 19:44 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line