むずむず脚症候群に対するレキップの有効性


イギリス。方法: 治療前の IRLS 総点数が24以上の成人患者を対象にした無作為振り分け、二重盲検、偽薬対照、parallel-group, 26週間のropinirole 0.25から4mgまで (n = 197) またはplacebo (n = 207) 、その後は40週間のopen-label研究で269人が ropinirole内服。一次的な効果判定はIRLS総点数の治療前から12週までの変化。耐用性の測定には副作用, augmentation, および早朝のリバウンドの発生率を含む。結果: 両群の人口動態的特徴は同程度(平均[SD]年齢: placebo, 56.1 [11.38]歳; ropinirole, 56.5 [11.92] 歳; 両群とも女性は63%). ropinirole群の全患者は白人; placebo群の99%は白人. placebo群に比べるとRopinirole群では治療前からのIRLS全点数の変化は短期治療と長期治療の両方で有意である, 治療の差の平均は12週と26週で各々-2.1 (P = 0.039) および-2.5 (P = 0.023).augmentationおよび早朝リバウンドの発生率はopinirole群では4%以下。ropinirole群での副作用は以前の臨床研究での報告と一致。
Clin Ther. 2013 Aug 9. pii: S0149-2918(13)00344-5. doi: 10.1016/j.clinthera.2013.06.016. [Epub ahead of print]
Ropinirole in Patients With Restless Legs Syndrome and Baseline IRLS Total Scores ≥24: Efficacy and Tolerability in a 26-Week, Double-Blind, Parallel-Group, Placebo-Controlled Study Followed by a 40-Week Open-Label Extension.
Giorgi L, Asgharian A, Hunter B.
Eisai, Hatfield, Hertfordshire, United Kingdom.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-08-17 12:53 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line