慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー(CIDP)にはむずむず脚症候群が多い


方法:10年間に我々の神経学部門に紹介された慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチ[シ]ー(chronic inflammatory demyelinating neuropathy:CIDP), Charcot-Marie-Tooth 1A (CMT1A), および圧迫性麻痺になりやすい遺伝性ニューロパシー(hereditary neuropathy with liability to pressure palsies:HNPP)を含む脱髄性ニューロパシーの患者を後ろ向きに調べた。4項目の RLSのアンケートで RLSの診断を行った。RLSの患者全員が不動テストで診断を確かめた。睡眠障害ユニットに紹介された外来患者および出版された文献からのデータを対照に使用。結果:脱髄性ニューロパシー群におけるRLSの有病率は対照患 (p = 0.0142) あるいは文献のデータ(p = 0.0007)よりも高かった。特に, 対照患者や文献のデータと比べると, CIDP群のRLSの有病率は高かった (各々p = 0.0266 およびp = 0.0063) そしてCMT1A 群でも(各々p = 0.0312および p = 0.0105), しかしHNPPではそうではなかった (各々p = 1.000 およびp = 0.9320).
J Clin Sleep Med. 2013 Sep;9(9):945-9. doi: 10.5664/jcsm.3000.
Restless leg syndrome in different types of demyelinating neuropathies: a single-center pilot study.
Luigetti M, Del Grande A, Testani E, Bisogni G, Losurdo A, Giannantoni NM, Mazza S, Sabatelli M, Della Marca G.
Institute of Neurology, Catholic University of Sacred Heart, Rome, Italy.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-09-08 10:09 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line