非ステロイド性抗炎症薬は髄膜腫を増加させる


方法: nested case-control studyのデザインを用いて、The UK Clinical Practice Research Datalinkでアスピリンおよび非アスピリンNSAIDと一次性脳腫瘍の危険性の関連を評価。条件付ロジスティック回帰分析を1987年と2009年の間に診断された16歳以上の5,052人の脳腫瘍患者に行い, 生まれた年, 性別を一致させた42,678人の対照、そしてアレルギーの既往とホルモン置換療法で補正。結果:前年に使用した薬を除外した条件付ロジスティック回帰分析では,非アスピリンNSAID 使用(OR 0.96, 95 % CI 0.81-1.13)はglioma riskR 1.35, 95 % CI 1.06-1.71)、低用量または高用量のアスピリン使用はいずれとも関連がない。まとめ: 大規模なnested case-control研究ではアスピリンあるいは非アスピリンNSAID使用は gliomaの危険性を高めないが非アスピリンNSAID使用はmeningiomaの危険性を少し高める.
Cancer Causes Control. 2013 Aug 30. [Epub ahead of print]
Non-steroidal anti-inflammatory drug use and brain tumour risk: a case-control study within the Clinical Practice Research Datalink.1請求
Bannon FJ, O'Rorke MA, Murray LJ, Hughes CM, Gavin AT, Fleming SJ, Cardwell CR.
Northern Ireland Cancer Registry, Centre for Public Health, School of Medicine, Dentistry and Biomedical Sciences, Queen's University Belfast, Belfast, UK
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-09-08 10:12 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line