運動不耐性にむずむず脚症候群は多い


目的:RLS患者における運動不耐性(運動耐容能低下)の頻度を評価。方法:後ろ向き観察研究は2005年から to 2011年までに診察し、Caen University hospitalの神経筋部門でEIを調べられた患者全員を対象。臨床的なRLSの診察および筋肉の診察 (creatine kinase [CK], EMG, 最大運動テストmagnetic resonance imaging [MRI] および筋バイオプシー)でデータを得た。結果:記録を解析した318人の患者のうち, 84人の患者は正確にEIを訴えていた。それらの患者のうちRLSは 25人(29.7%)で診断された。この割合は一般人口での割合よりも有意に高い(P<0.001)。特異的な治療を受けると、それらの患者のうち91.3%で改善が見られた。
Rev Neurol (Paris). 2013 Sep 3. pii: S0035-3787(13)00846-1. doi: 10.1016/j.neurol.2013.05.001. [Epub ahead of print]
Restless legs syndrome associated with exercise intolerance: Data from a retrospective observational clinical neuromuscular center study.
Simon JP, Debout C, Bertran F, Kerouanton A, Schaeffer S, Chapon F.
Service de médecine physique et réadaptation, Côte de Nacre, centre de compétences des pathologies neuromusculaires, CHU de Caen, avenue de la Côte-de-Nacre, 14033 Caen cedex 9, France.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-09-15 21:37 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line