抗うつ薬と自然流産


方法: 1997年2月から2008年12月までDanish Medical Birth Registry および Danish National Hospital Registryからすべての妊娠を検出。結果: 1,005,319の妊娠 (547,300 人の女性)のうち, 114,721 の妊娠(11.4%)が自然流産。22,061の妊娠が抗うつ薬に暴露され,843の妊娠がうつの診断で抗うつ薬使用せず, 各々2,637妊娠 (12.0%) および205妊娠 (11.1%)が自然流産。抗うつ薬への暴露は抗うつ薬へ暴露されてない事に比べて、自然流産と関連し、Adjusted relative risks (aRR)は1.14 (95% confidence interval (CI) 1.10-1.18)。抑うつの診断を受けた女性の中では, 抗うつ薬暴露後の自然流産のaRRは 1.00 (95% CI 0.80-1.24). SSRIは自然流産には関連しない。 補正を行わない解析では、mirtazapine, venlafaxine, およびduloxetineは抑うつ患者の自然流産に関連するが、疾患の程度の情報が無く、妊娠数が少ない。
PLoS One. 2013 Aug 28;8(8):e72095. doi: 10.1371/journal.pone.0072095.
Prenatal antidepressant exposure and risk of spontaneous abortion - a population-based study.Kjaersgaard MI, Parner ET, Vestergaard M, Sørensen MJ, Olsen J, Christensen J, Bech BH, Pedersen LH.
Department of Public Health, Section for Biostatistics, Aarhus University, Aarhus, Denmark.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-09-16 09:09 | 抗うつ薬
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line