SSRIによる上部胃腸出血


方法: Taiwan National Health Insurance Database (1998-2009)から得た上部胃腸出血の精神科入院患者の記録。比較した症例と対照で7, 14, および28日以内での抗うつ薬使用の割合を比較。SSRI使用と上部胃腸出血の関連性を条件付きロジスティック回帰モデルを用いて修正したオッズ比を決める。結果:上部胃腸出血の5,377人の患者。SSRI使用後の上部胃腸出血の危険性の修正オッズ比は 7日間では1.67 (95% CI=1.23-2.26), 14日間では1.84 (95% CI=1.42-2.40), そして28日間では1.67 (95% CI=1.34-2.08)。セロトニン輸送体高いおよび中等度のSSRIsは上部胃腸出血と関連があるが、低いものではそうではない。SSRI内服後の上部胃腸出血の危険性の増加は男性では見られるが女性では見られない。
Am J Psychiatry. 2013 Sep 13. doi: 10.1176/appi.ajp.2013.12111467. [Epub ahead of print]
Short-Term Use of Serotonin Reuptake Inhibitors and Risk of Upper Gastrointestinal Bleeding.
Wang YP, Chen YT, Tsai CF, Li SY, Luo JC, Wang SJ, Tang CH, Liu CJ, Lin HC, Lee FY, Chang FY, Lu CL.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-09-22 08:37 | 抗うつ薬
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line