アセトアミノフェンは喘鳴の危険因子


方法: 標準的なアンケートにより行われた幼児の喘鳴に関する国際的な研究から(Estudio Internacional de Sibilancia en Lactentes - EISL),のphase 3の横断的研究。幼児の親and/or 保護者はプライマリー・ケアクリニックまたは自宅で2009年8月から2010年11までにインタビューされた。二変量解析多変量解析(using the Statistical Package for Social Sciences [SPSS] v.18.0)を用いて幼児の喘鳴に関連する要因を研究し, odds ratios (OR) and 95% confidence intervals (95% CI)で表記。結果:記載されたアンケートは1,060人の親and/or 保護者から回答された。喘鳴の危険因子は: 家族の喘息歴[母親 (OR = 1.62; 95% CI = 1.07-2.43); 父親(OR = 1.98; 95% CI = 1.22-3.23); 兄弟(OR = 2.13; 95% CI = 1.18-3.87)]; 以前の肺炎の既往 (OR = 10.80; 95% CI = 4.52-25.77);上気道感染(upper respiratory tract infections:URTIs)に6回以上罹患 (OR = 2.95; 95% CI = 2.11-4.14);出生後3ヶ月以内に最初のURTIに罹患(OR = 1.50; 95% CI = 1.04-2.17); 中等度に汚染された地域に住むこと (OR = 1.59; 95% CI = 1.08-2.33); URTIに対するparacetamolの使用 (OR = 2.13; 95% CI = 1.54-2.95); 皮膚感染に対する抗生物質の使用(OR = 2.29; 95% CI = 1.18-4.46).
J Pediatr (Rio J). 2013 Sep 12. pii: S0021-7557(13)00170-8. doi: 10.1016/j.jped.2013.04.004. [Epub ahead of print]
Risk factors associated with wheezing in infants.
Moraes LS, Takano OA, Mallol J, Solé D.
Assistant Professor of the Pediatrics Department, Universidade Federal de Mato Grosso, Cuiabá, MT, Brazil

 アセトアミノフェンを飲まないといけない上気道感染担ったことが危険因子である可能性は否定できない。全文を読む必要がある。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-09-22 08:54 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line