脳卒中後の複合性局所疼痛症候群の危険因子


脳卒中後にCRPS  type Iの発生と体性感覚誘発電位(somatosensory evoked potentials:SEPs)の異常所見に関連があるかどうかを調べた。方法: 2003年1月から2007年12月までに行われた後ろ向き研究。70人の患者がCRPS type Iと診断され, 182人の患者が対照群。最初の臨床的なデータは年齢、性別、脳卒中の主なタイプ、病変部の左右や部位、関節窩上腕関節の亜脱臼の有無、 CRPSの発生である。正中神経(N20) と後脛骨神経 (P37) のSEP テストを行った。結果: CRPS 群では、片麻痺の正中神経のSEPの欠損や異常, 出血性脳卒中、および関節窩上腕関節亜脱臼(glenohumeral subluxation:GHS)の発生率が有意に高かった。正中神経のSEPの欠如 (exp.(B) = 3.246, p < 0.01)を伴った GHS (exp.(B) = 4.083, p < 0.01) は有意な独立したwere significant independent predictors of CRPS発生の予測因子であることを、二項ロジスティック回帰分析は示唆。まとめ:脳卒中の亜急性期のGHSおよび正中神経の SEPの欠如は脳卒中後のCRPS発生の一次的な予測因子。
Disabil Rehabil. 2013 Sep 19. [Epub ahead of print]
Absent median somatosensory evoked potential is a predictor of type I complex regional pain syndrome after stroke.
Han EY, Jung HY, Kim MO.
Department of Rehabilitation Medicine, Jeju National University Hospital, University of Jeju College of Medicine , Jeju , Republic of Korea and.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-09-30 19:18 | 複合性局所疼痛症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line